サッカーで試合に勝つために一番大切なこと(その1)

2015.12.06 Sunday

0
    はい、今日もタイトル3割増で盛っちゃいました。

    早速本題です。

    サッカー未経験(小学校1〜2年、大学から12年間フットサル)で

    現在プロサッカークラブのGMを務めさせてもらっていますが、

    この1シーズンを通して考えたことを自分なりにまとめていこうと思います。


    サッカークラブで働くことの一番の醍醐味は「勝利」を一緒に分かち合うことであり、

    「勝利」はチームの「人気」や「収益」に一番大きなインパクトを与えるため、

    経営的にも最も重要視されるべきことだと考えています。


    ということで、シーズン振り返りの一発目は、

    これまでサポーターとしてサッカーチームを外から見て、

    スタッフ、GMとして中から見てきた経験を元に

    「サッカーで試合に勝つために一番大切なこと」が何なのかを

    自分なりにまとめてみたいと思います。
     

    【サッカーの試合の結果を決める要素】

    組織で言えば、戦術、采配、選手層

    個人で言えば、テクニック、フィジカル、アジリティ

    など様々な要素が結果に影響を与えます。

    その中で、試合に勝つために一番影響を与えている要素、

    それは組織としての「共通意識」だと思います。

    これは、ピッチにいる11人のプレイヤーが試合の状況に応じて

    どれだけ同じことを考え、行動に移せるかということです。

    もちろん、試合全体をどうマネジメントするかも大事ですが、

    状況に応じて選手たちがどれだけ「共通意識」を持って、

    プレーできるかどうか、それこそが大切ではないかと考えました。


    【なぜ、「共通意識」が大切なのか?】

    例えばスピードが持ち味の攻撃的な選手にパスを出すとき、

    受け手がスピードに乗って前のスペースで受けようとしても、

    出し手が足元にパスを出すと受け手の良さは活かされません。

    一方、上と同じ状況のときディフェンスの選手は

    相手の良さを消そうと対策をしてくるはずなので、

    スピードが持ち味だからと言って何も考えずに前の

    スペースに出したとしても上手くいく可能性は低くなります。

    わかりやすく説明するためにかなり単純化して書きましたが、

    実際には上記の他にも、ピッチの芝の質・水分量、風、審判の特徴、

    相手選手の特徴、イエローカードの数、スコア、時間帯、

    3人目の選手の位置、GKのポジショニングなど多くの要素を

    一瞬のうちに判断してプレーをしなければなりません。

    また、そこで足元にパスを出すと判断したとしても、

    その先に右足なのか左足なのか、どれくらいの強さで、どういう弾道の

    パスを出すかという判断が必要になります。

    これにより「共通意識」を持てるかどうかで、

    チームメイトの良さを引き出せるかどうかが決まり、

    選手の能力を100としたときに、50しか引き出せないのか、

    100引き出せるのかという違いになってきて、

    これをチーム全体で考えると、1,100か550かの

    違いになってくるのです。

    サッカー経験者からすると当たり前かと思いますが、

    ここで自分がわざわざ書いたのには理由があります。

    それはこの「共通意識」を持つことが過小に評価されている

    可能性があると思ったからです。

    それでは次の記事で、上記の考えをいくつか事例を

    使って説明していきたいと思います。

    【紹介予定の事例】

    −事例1 J1昇格プレーオフでなぜ下位チームが結果を出すのか
    −事例2 2-0はなぜ一番危険なスコアなのか


    -------------------------------------------------------------
    ☆カンボジアンタイガーFC☆-----2015シーズン最終戦
    プレーオフ3位決定戦2ndレグ インターネット生放送
    ※2点差以上勝利で3位確定!応援宜しくお願いします!

    -------------------------------------------------------------
    コメント
    コメントする